-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010-07-11 23:21 | カテゴリ:毎土このせつ企画
毎日残業続き・・・・


労働基準法ってなんだろうって考えるのも馬鹿らしくなってきた今日この頃(T_T)



やっと毎土書けました・・・・
なんか納得いかないでき(_´Д`)
明日時間があればもう1作品書きますorz

それと長編

毎土毎度遅刻して本当にごめんなさいm(__)m


でわ、今回のお題は『色・空・電車』ですb(・∇・●)





本日の空模様は快晴。
いい天気にも関わらずせつなは部屋でお昼寝中。

遊びに来た木乃香だが・・・刹那が寝ていては意味が無い。
龍宮も実家の手伝いで出掛けてしまった。

気持ち良さそうに眠っている刹那はきちんとお腹にタオルケットを掛けて寝ていた。
「ふふ。相変わらずせっちゃんは寝相がえぇなぁ」

正確には胸から下全体に掛かっていたであろうタオルケット。
暑かったのだろう、丸まってしまった状態でお腹に掛けられている。

刹那のタオルケットを掛け直しながらふと顔を覗き込んでみた。
笑っている。

いったいどんな夢を見ているのだろうか・・・。

~~♪~~♪
携帯にメールが届いた。
確認してみるとアスナからだった。

『今電車の中なんだけどさ、今日の夜花火やろうよ(^^)v花火大会のポスター見てたらやりたくなっちゃった♪』

「花火か」
「花火がどうかしましたか?」
横を振り替えると寝呆け眼のせっちゃんが座っていた。
ぐしぐしと目を擦る仕草は昔とちっとも変わらない。
「花火・・・」
ぼーっとしたままつぶやいているがきっと頭が起きていないのだろう。
「せっちゃんも花火したい?」

訪ねると幸せそうに微笑んで、
「このちゃんと一緒に花火したい!」
幼い子供のように嬉しそうにしている。

あかん・・・・せっちゃん可愛いすぎやわ!!


またうとうとしだした刹那を見て少し考える。
アスナに花火の調達を頼むとメールを送った後、刹那のベットに潜り込む。

「せっちゃんまだ眠いやろ?ウチと一緒にお昼寝しよ!」
「でも・・・花火・・・」「花火は夜になってからや。今の内にいっぱい寝とこ?」
そう言って横になれば刹那も同じように横になる。
「せやね!いっぱい寝て、花火しような!」


色とりどりの花火が描かれている袋を抱えて帰って来たアスナが、2人が手をつないで寝ていたのを写真に撮った事を木乃香と刹那はまだ知らない。
スポンサーサイト
秘密

トラックバックURL
→http://81315.blog112.fc2.com/tb.php/141-faf6213b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。