-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010-07-12 10:53 | カテゴリ:このせつ長編
このせつはどうも(^^)v

本日も長編となります(^O^)

やっと三話目w
遅くて本当に申し訳ない(>_<)

物語もやっと進み始めます(≧▼≦)よければ見てやって下さい(*´∇`)



でわ、このせつWORLDへGO!!



クラスの皆にもせっちゃんの事を聞いてみたら不思議な事が分かった。


「昨日の夜、桜咲に写真渡したんだよね」
朝倉曰く、一週間程前に行事やクラスのスナップ写真を集めた物を焼き増しして欲しいと頼まれていたらしい。

「刹那さんに漫画書いて欲しいって頼まれた」
パルオリジナルの傑作作品。
“麻帆良の日常”
普段の3‐Aのメンバーが繰り広げるドタバタコメディ風に描かれているらしいが・・・ほぼ忠実に再現されていてもコメディになるだろう。


他にも皆にいろいろお願いしてクラスの思い出を集めていたらしい。
「せっちゃん・・・なんで今までの思い出を・・・」
「近衛」
「龍宮さん?あっ!龍宮さん、せっちゃんが今日なんで学校休んどるんか教えて欲しいんやけど!」

その時木乃香の携帯が着信を知らせて来た。
表示を確認すると“せっちゃん”となっていた。
「ごめん、ちょぉ待って」龍宮に断りを入れてから電話に出る。

「せっちゃん!?」
『おじょ・・ま?・・・すみ・・せん。電波の調子が・・くて』
「もしもし?せっちゃん?」
『ごめん・・このちゃん・・・。私、もう・・・・麻帆良に帰れへん』
「え?それってどうゆう意味なん!?」
『ごめんな』
ぶちっ

刹那との電話が切れてしまった。
電波の調子が悪く、きちんと聞き取れなかったけれど・・・・・戻って来ない。確かに・・・そう言っていた・・・・。

「近衛」
携帯を握り締めたまま呆然としていると龍宮さんが二枚の紙を渡してくれた。
「刹那は今朝、京都へ戻った。お前の護衛を私に頼んでな」
どうするかはお前次第だ。
そう言い残して去っていった。

龍宮に渡されたのは京都行きの新幹線のキップが二枚。

スポンサーサイト
秘密

トラックバックURL
→http://81315.blog112.fc2.com/tb.php/142-b7255ae5
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。