-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010-07-19 07:42 | カテゴリ:このせつ長編
さて、とうとう5話目の更新!!
せっちゃんは何で山登りなんかしてんでしょうね(*´∇`)?←(おい、こら


このちゃんはどうするのか!?
刮目して追記を見よ!!



↑深い意味はありませんww
急展開とかまだないですからww

普通に見て下さい(*^□^*)







龍宮さんに渡されたキップは次の瞬間にはアスナの手の中だった。
「行くんでしょ?」
「アスナ」
「よく分かんないんだけどさ、刹那さんは京都にいるんだよね?なら行こう!」ウチの手を引っ張って走りだす。
チャイムが鳴っていたけど、カバンも教室だけど、せっちゃんに今すぐにでも会いたい。
急いでポケットからカードを取り出す。

「ネギ君。ネギ君」
『木乃香さん?どうされたんですか?』
頭の中にネギ君の声が響く。
「ウチ、せっちゃん迎えに行ってくるな」
『木乃香さん・・・分かりました。気を付けて行って来てくださいね?』
「おおきに」
『アスナさんも、気を付けて行って来てください』
「うっ、何で私も一緒だって分かったのよ・・・」

ひとまず寮に戻り荷物をまとめる。
簡単な着替えを詰めたカバンを持って寮を出る。
せっちゃん・・・待っとってな。

寮を出たら龍宮さんがウチとアスナのカバンを持って来てくれた。
「忘れ物だぞ。財布とか無いと困るだろ?」
「あっ!そっか・・・」
「ありがとな。龍宮さん」
龍宮さんと別れて駅へと走る。

夕方には京都へ着く。先ずは実家へ行ってみよう。
スポンサーサイト
秘密

トラックバックURL
→http://81315.blog112.fc2.com/tb.php/153-3296ecef
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。