-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010-08-10 22:35 | カテゴリ:このせつ長編
1日遅れて申し訳ありません(>_<)

とうとう8話目・・・・まだまだ物語の半ば手前ww

ちょっと諸事情により、今週中に次を更新出来たらなぁと思っています(;^_^A
頑張れたらですが(>_<)


でわ、8話目をどうぞ(*^□^*)






刹那さんのお師匠さん・・・スッゴい綺麗な人だなぁ。
まさしく京美人だ。

「アスナさん?」
木乃香の家の車に乗ってお屋敷へ向かう間、お師匠さんをこっそり観ていたら見付かってしまった。
「あ//ごめんなさい///その、やっぱり雰囲気が少し刹那さんに似てるなぁって」
「私が、ですか?」
不思議そうに首を傾げたお師匠さんとは対称的にうんうんとおもいっきりうなずく木乃香。
「お師匠さんとせっちゃんはほんまにそっくりやで!?厳しいけど優しいところとか、たまに仕草まで似とるんよ」
「木乃香お嬢様まで。でも、そうですね。刹那は幼い頃に神鳴流に来て、ずっと私や私の妹のそばにいましたから、似てしまったのかもしれません」
どこか困ったように、でも、嬉しそうに笑ったお師匠さんはやっぱり刹那さんと同じ笑い方をしていた。
やっぱり刹那さんの育っての親みたい人だからなのかな・・・・・


「それはそうと。確か本日はお二人共登校日だったのでは?」
「え?」
「刹那が言っていましたが、今日は一時間のHRと授業が午前中あったはずです」
「えぇと・・・それは」
お師匠さんの背後にちょっと怖いオーラが見えたような気がして木乃香を見ると、木乃香もこっちを見ていた。

「今は夏休み。ですが、登校日は普段の授業と同じように出席しなければならない日。今はまだ3時過ぎですが・・・お二人共授業はどうされたんですか?」

前言撤回
お師匠さんは刹那というよりも・・・エヴァちゃんによく似ています。
「お二人共、刹那の事がすみしだい特別補習です。幸いにも、妹が今は帰郷中ですから安心して勉強をみてもらえますえ」
ニッコリと微笑んではいるけど・・・・目が笑ってない。



どうしてくれんのよ、刹那さん!!
刹那さんがよりにもよって今日居なくなったりしたからぁ!!!!

心の中で刹那を責めても仕方ないのだけれど。
追いかけて来たのは自分達が勝手にしたことなのだけど・・・・こんなことになるなんて・・・・・。
スポンサーサイト
秘密

トラックバックURL
→http://81315.blog112.fc2.com/tb.php/175-686c6ed5
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。