-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010-10-11 15:08 | カテゴリ:けいおん!
久しぶりにけいおんSS(*´∇`)

5000hit以来ですねww


今回は澪→律かなぁ?
まぁ、読んでみて下さい(≧▼≦)

この後にこのせつSSを更新します!!


でわ、行ってみよう(^O^)/

1・2・3!!




昼休みの時に、クラスの皆が初恋の話で盛り上がっていた。

初恋か・・・私の初恋・・・・

律と並んで帰りながら初恋を思い出していると・・・
「みお?」
いきなり律の顔が目の前にあった。
「あぃたっ」
無言で左手が律の頭に振り下ろされた。
「みおしゃん・・・いたい・・」
目の端に涙を浮かべながら頭をさすっていた律を置き去りにして家へと向かって歩く。
そんな私を文句言いながら追いかけてくる律をそっと横目で確認する。

うん・・・あんまり痛がってないな。良かった。

いつもならちゃんと加減して殴るんだけど・・・今のはあまりにも急だったから、力加減を意識していなかった。
無意識に加減していたのだろう。律も普通にしている。

「なぁ、みお」
「なんだ?」
そういえばさっきも何か言ってたな。なんだろう?
「澪の初恋の相手って誰?」
「・・・律には関係ないだろ」

突然何を言いだすかと思えば・・・・。
「えぇ!いいじゃん?教えろよぉ」
肘で突いてくる律を無視してそっぽを向くとそちら側に周りこんではしつこく聞いてくる。
「ねぇ!澪ってばぁ!」
「・・・」
律がまとわりついて歩けない。
私が立ち止まると律は嬉しそうに私の前に周り顔を覗き込んできてはまた聞いてくる。


「りつ」
「え?・・・わたし?」
少し驚いて一歩下がる律の肩を掴み引き戻す。
「しつこいぞ。律、ちょっとおでこ出しなさい」
「え?ちょっと・・・もしかして呼んだだけかよ!」

顔を少し赤くして怒る律のおでこにマジックで落書きをする。
・・・これでよし。
「水性だからな。帰ったら顔洗えよ」
「誰のせいだよ」
少し不機嫌な律を見つめて私は満足そうな顔をしていたのか、律はますますほっぺたを膨らませていた。


帰って鏡を見た律はどんな反応をするかな・・・きっと直ぐに電話をして来るんだろうな。







「みお!!私の初恋も澪だぞ!!」






あとがき

ってことで(*´∀`*)

律澪の初恋話?です。

うん。甘くならなかったかな?


うーん(-ω-)・・・・精進致します(´Д`)ゞ!
スポンサーサイト
秘密

トラックバックURL
→http://81315.blog112.fc2.com/tb.php/208-aa97405f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。