-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013-12-10 21:24 | カテゴリ:夢小説の捧げモノ
今日は久しぶりの更新ですねー。

書きたいなぁっと思いつつ中々SSが書けません。

通って下さっている皆様申し訳ないです。


本日はリクエストを頂いたのでそちらを投下したいと思います。

ブラウザーゲームの「艦隊これくしょん」のカップリング「不知火×霞」です


リクエスト内容は【不知火の方が背が高くて悶々としている霞だったかな(なんかそんな感じです)

わた様からのリクエストです。

艦これにご興味ある方。しらすみに興味ある方。無い方も気になるならどうぞ追記へお進みください。


少しでも読んだ方がニヤってしてくれると嬉しいです。





今日は整備点検の日ね。

今日の為にクソ司令官に頼んで近代化改修を受けまくったんだから、絶対絶対大丈夫!

いつか絶対追いついて見せるんだからね!



「はい、それじゃぁ次は、駆逐艦の朝潮型10番艦霞さん」

「はいっ!私よ。しっかり測ってね?」

「もちろんだよ。ヘルメット娘の名に懸けてきっちり計測するよー!」

「ふふっ、頼もしいわね」

さぁ、いよいよね。

ちゃんと誤差が出ない様に髪の毛もおろしたし大丈夫よね。

あぁ、なんだか緊張してきちゃた。

「えっと……おぉ!やったね。前回より1cm伸びてるよ」

「ほんとに!?間違いない!?」

えっ?嘘?聞き間違えじゃないわよね!?

「うん、ほらこれ」

「本当だわ!やった、これで少しだけど追いついたはず」

1cmだけど確かな1cmよ!

「あら?霞も測定終わったんですか?」

「不知火!ちょうど良いところに。聞いて!私身長が伸びてたの!ほらこれ!」

「……おめでとうございます、霞。やりましたね」

「ふふんっこれであんたにまた少し追いついたわよ。絶対そのうち抜いてやるんだから」

これで少しは不知火と同じものを同じ目線で見れるようになるわ。

それに……き、キスだって今度は私からしてやるんだから。

「とても頼もしいですね。でも、不知火も身長が伸びてたんですよ。ほら、2cmも伸びていました。不知火の勝ですね」

「なっ!?」

「に、2cm……」

つまり、私が1cm伸びてて、不知火が2cm伸びてたってことは……今までの身長差からさらに1cmも差が開いたって事?

…………。

「なっ、何よそれ!?どうゆうことよ!」

「不知火にもよく解らないのですが、近代化改修を先日受けた影響かもしれませんね。司令官に言われて受けたのですが」

「は?し、不知火も受けてたの?近代化改修……」

「はい。何でも任務の都合とかで受けることになりました」

クソ司令官、余計な事を……というか、不知火まで改造するくらいならその分こっちに回しなさいよ。

「そう……み、見てなさいよ!今度こそ絶対不知火の慎重に私が追いついてやるんだから!」

「そうですか。それは楽しみですね」

「うぅ、またそうやって人の頭を撫でてバカにして……」

「馬鹿になどしていないですよ?」

「うるさいわね!私がそのうちあんたの頭を撫でまわしてやる!」

「その日が来るのが待ち遠しいですね」

ぞの顔は絶対そんな事思ってないでしょう……。

今に見てなさいよ。

「ふんっ」

「行ってしまいましたか」

「……ったく。あんたもいい性格してるわよね」

「陽炎、居たんですか」

「まぁね。不知火、あんた霞に身長抜かされたくないからって司令官に近代化頼んだでしょ?」

「バレていましたか」

「そりゃぁね。本当なら私が今回改修受けるはずだったんだけど、不知火が受けるから資材足りなくなったって言われたの」

「それは悪いことをしましたね」

「まぁ、良いんだけどね。私はあんたみたいに抜かされたくない相手とかいないし」

「そうですか。ありがとうございます」
スポンサーサイト
秘密

トラックバックURL
→http://81315.blog112.fc2.com/tb.php/381-57a6c038
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。