-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014-05-02 09:09 | カテゴリ:夢小説の捧げモノ
ツイッターのフォロワー様が先日お誕生日っぽかったので。

お祝いに書かせていただきました。


艦隊これくしょんの朝潮型の姉妹。

満潮と大潮のカップリングです。

可愛らしい二人をかいたんですが、まぁ、なんか難しかったwww

内緒で書いているので捧げものにもなるか謎だけどwww


月野しゃんおたんじょーびおめっとー!

追記にて みちおお です。

「満潮―!」

バタバタと廊下を走る足音共にいつもの元気な声が私を呼ぶ。

緩みそうになる頬を必死に引き締めて私は振り返る。

「大潮、廊下は走らないの。怒られるわよ?」

「みーちーしーおー!」

注意したばかりなのに聞き入れる事無くそのまま飛びついてくる。

「ちょっ!?馬鹿!何やって!?きゃぁっ」

勢いが強過ぎてそのまま思いっ切り廊下に倒れ込んでしまった。

「えへへ、大丈夫ですか?満潮?」

「大丈夫な訳ないでしょ!いいから退きなさい」

「よいしょっ」

まったく。本当に落ち着きがないんだから。

少しは姉さん達を見習って大人しく出来ないのかしら?

まぁ、でも元気な所が大潮の魅力なんだけど。

「満潮」

嬉しそうに手を差し出して来た大潮を少しだけ恨めしく睨みつけて手を取った。

「もう、大潮は怪我してない?」

「大潮は大丈夫ですよ。満潮も怪我は無いですか?」

「そう。私もないわ。今度っから廊下を走るのと飛びついてくるのは禁止!わかった?」

「はぁい。あ、そうだ!満潮!ついてきてください!早く早く!」

いきなり繋いだままの手を引っ張って走り出す。

「ちょっと!?今走っちゃダメって言ったでしょ!」

「行きますよー!」

人の話をまったく聞かずに走り出した大潮に手を引かれて私も走り出してしまう。

こんな風に大潮に引っ張られるのはいつもの事。

別に嫌いじゃないんだけど……たまにはゆっくり隣を歩いて欲しいと思うのは口が裂けても言えないことだ。

「こらっ!廊下は走らないの!」

途中で陸奥に見つかって怒られてしまう。

これぞとばっちりってやつよね。

そんな事を考えていると中庭に続く窓が見えた。

「中庭に行くの?」

「そうですよ。チューリップが丁度咲いたんです!前に司令官と一緒に植えたんですけど、さっき見たら綺麗に咲いてたんですよ!」

嬉しそうに手をぶんぶん振り回すから私の手も一緒に大きく揺れる。

「ほら!観てください!」

中庭の日が当たるところに真っ赤なチューリップが植えられていた。

「……綺麗ね……こんなにたくさん……」

少し大きめの花壇には沢山の赤いチューリップが風に小さく揺られながら咲き誇っている。

「えへへ、あのね?このチューリップのここの分だけは司令官が持って帰ってもいいよって言ってくれたんです。満潮、良かったら貰ってくれませんか?」

花壇の隅の一画を大潮が指差す。

どのチューリップもとても綺麗に咲いていて、摘み取ってしまうのは勿体無い気がした。

「んー。私はいらないわ」

「え?でも……」

「せっかく綺麗に咲いたのに勿体無いわ。それに、他のチューリップと引き離すなんてなんだか可哀そうだから。みんなと一緒の所で咲いている方が花も嬉しいわよ」

「……それもそうですね」

大潮が少し困った顔からまた嬉しそうに笑った。

私にはひまわりみたいに笑う大潮がいつも隣に居るんだもの。

このチューリップも、隣に仲間が居る方がいいわよね。

「満潮は花言葉って知ってますか?」

「花言葉?そうね、バラとか有名な花なら少しは。後は、ひまわりね」

「ひまわり?おーしおはひまわりの花言葉は知らないです。どんな意味なんですか?」

「え?えっと……」

大潮がひまわりみたいだなって思ったから調べただけで……別に、言っても気が付かないわよね?

うん。大丈夫なはず。

「い、いつも傍に居ます。って意味らしいわよ」

「ふーん。そうなんだ……」

「な、なによその反応は!大潮が聞いたんじゃない」

「うん。でも、満潮はおーしおにとってはひまわりみたいに大きくてあったかい人だから嬉しいなって」

「はっ!?な、何言ってんのよ……ばか」

顔が熱くなった気がして大潮の顔がまともに見れない気がした。

「あ、満潮はチューリップとお揃いですね。えへへ」

「馬鹿!もう、行くわよ!」

「あっ待ってください満潮!」

チューリップの花言葉は……なんだったかしらね。

そんな事を考えていたらぎゅっと手を握りしめられた。

「チューリップの花言葉は【あなたを愛しています】って言うらしいですよ」

隣に追いついた大潮が笑っていた。
スポンサーサイト
秘密

トラックバックURL
→http://81315.blog112.fc2.com/tb.php/396-f7a76d1f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。