-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2015-01-10 00:00 | カテゴリ:毎土このせつ企画
二回目のご参加、閲覧ありがとうございます!!

毎土このせつはどうも!

二回目です!復活して二回目!!!

前回は四名の方が書いてのご参加を確認しました。

本当にありがとうございます。
 
でわ、二回目行ってみましょう。

お題は「マフラー 駅伝 おしるこ」です。次回は最後に書いております。

やっぱりお正月っていえばこたつに入って駅伝観戦よね。

これを見ると年越せたぁって思うわ。

去年はいろいろあったけど。なんだかんだでもう新年なのね。

というか、こんな風にまた日本で過ごせるなんて思っていなかったなぁ。

「明日菜―できたえー」

「はーい。木乃香ありがとう。木乃香のおしるこ久しぶり!あぁ、感激」

ここは麻帆良学園高等部女子寮の木乃香の部屋。

中等部の頃より部屋は広く、今度も四人部屋を二人で使っている。

といっても、ルームメイトは私ではなく刹那さんなんだけどね。

「もう、おおげさやなぁ」

「だってさぁ。今じゃ木乃香のごはんなんて食べられる機会が少ないんだもん」

「明日菜も高校来ればよかったのに」

そう、私は結局高校に進学しなかった。

魔法世界、オスティアでやらなければならないことはたくさんある。

百年の眠りにつくと決めた時、私は高校進学をあきらめた。

だけど、百年後に目覚めた世界で出会ったエヴァちゃんと超に助けてもらった。

まぁ、寝坊して怒られもしたけど。

いま、こうして戻ってはこれたけれど。

それでも私は高校にはいかなかった。

オスティアで王族としての責任を果たしたのだからと、高畑先生にも言われた。

高校に進むことは出来ると。

王族としてするべき事はたくさんある。

だから。

「あ、なぁ明日菜。来週まではこっちに居れるんやろ?」

「うん。平気」

「なら、楽しみやね」

来週は特別なイベントがある。

そのためこうして帰国した。

「あ、これもしかしてマフラー?」

「あ、あんまり触るとほどけるからあかんよー」

「大丈夫……あっ」

「あぁ!もう。せっちゃんへのプレゼントやのに」

来週は刹那さんの誕生日。ほんと楽しみよね。

「ごめーん。でも、手編みだなんて相変わらずねー」

「明日菜だって、それ、手編みのプレゼントやろ?」

着ていたセーターを指摘され顔が赤くなる。

まだあいつがあっちにいるから着れているけれど。こっちに戻ってくる日には脱がないとなぁ。

「刹那さん今日は戻ってくるの?」

「もうすぐやね。ご飯の材料買いに行ってくれとるだけやしね」

あぁ、仕事に出てるわけじゃないのね。

部屋の中にはたくさんの木乃香と刹那さんのものであふれている。

その中でも目を引くのは二人の写真。

夏休みに魔法世界で各地を回った時の物だろう。

学校での何気ない日常のものもたくさんある。

中学の時から少しずつ増えていった二人の写真は笑顔であふれている。

「幸せそうでなによりだわ」

「明日菜が戻ってくればうちもせっちゃんももっと幸せなんやけどね?」

「やーよ。この部屋で毎日イチャついてるのを見せつけられるなんて」








このせつ?w

では、次回のお題は「せっちゃんの誕生日 サプライズ 感謝」です。
スポンサーサイト
秘密

トラックバックURL
→http://81315.blog112.fc2.com/tb.php/412-5d7fd2ba
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。