-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2015-01-24 00:00 | カテゴリ:毎土このせつ企画
毎土このせつはいかかでしょうか!

いよいよ復活して四回目を迎えているわけですが、私が書いているのは地味にこのせつってない気もしますねww

いちゃいちゃしてないですが、このせつです。

前回からお題は三週分ずつ掲載しています。

事前にお題を掲示しているので参加できるときに早めに書いて予約投稿できるサイトをご利用の方は使ってみてもいいかもですね。

ブログを持っていなくてもpixivや、プライべったー?とかいろいろ小説を投稿できるサイトがあるようです。

プライべったーという名前があってるかは知らないですが(利用してないので)

掲載された場所を報告くださればTwitterが無くてもこちらでご紹介させていただきます。

わたしか相方のサイトでご紹介したりしますのでお気軽にご連絡ください。

このせつBOTにリプかサイトにコメントを貰えればと思います。

でわでわ、このせつをどうぞ!!


「でわ、この札は?」

「この札は結界を強化する時に用いります」

「よろしい。それなら術を強化する時に使う呪符を三つ書きなさい」

「はい……」

今日は刀子さんのテストを受けるために教員官舎の刀子さんの部屋にお邪魔している。

部屋の中にはこたつが出されておりとても暖かく過ごしやすい。

だが、今はそのこたつも取り払われ、文机を出して私はそれに座っている。

暖房はすべて切られており少し肌寒さを感じる。

本来ならば落ち着いたインテリアで過ごしやすいこの部屋も今では少し重い空気が立ち込めている。

呪術師としてのテストを定期的に受けるようになったのはいつからだったか。

呪術の修行は幼い頃から師匠に習い、神鳴流の修行の一環として行っていた。

だが、きちんとこうして定期的なテストというのは行ったことがない。

この時期は麻帆良学園も新学期が始まってすぐの定期考査が行われており授業は半日で終わる。

その時間を利用してこうして呪術のテストもしてもらっているのだが……。

「刹那、そこの部分は間違っていますよ。それでは雷の威力は対して強化されません」

「うっ……すみません」

雷系の術を強化するための呪符で間違えてしまっていたようだ。だが、どこが間違っているのかが分からない。

一度深く深呼吸をしてじっくりと呪符を見つめる。

梵字は一文字でも違うと術は発動しない。

呪符には記号と梵字に気を込めて一気に書き上げねばただの紙切れでしかない。

ゆっくりと時間をかけても意味はなく、早く書ききっても意味をなさない。

注意深く自分が先ほど書いた呪符を見つめ違和感を見つける。

もう一度よく思い出し、全神経を集中して筆を滑らせる。

今度は満足のいくものが書けた。

刀子さんは何も言わない。

もう一度確かめてから三つめの呪符を書くことにする。

三つ目を書き上げた時に刀子さんが満足気に頷いた。

「いいでしょう。そうですね……今日はこのくらいでいいでしょう。あとは明日のテストに備えて勉強をしなさい」

「ありがとうございます」

ひとまず合格を貰えたことに安堵する。

「まったく。木乃香お嬢様の従者として剣技だけでなく陰陽道の勉強もしたいだなんて言い出した時には驚いたけど。だいぶ様になってきましたね」

あきれたような、困ったような顔で笑う刀子さんについつい頭が下がってしまう。

「すみません……」

お嬢様と仮契約を結び、魔法世界で戦い、いろいろなことを経験してきた。

まだまだ当然のように私は剣技も何もかもに対し、修行が足りないのだと思い知った。

そのため、中途半端なままではいられないと、こうして麻帆良での神鳴流の師でもある刀子さんに、もう一度はじめから教えてもらった。

剣技、呪術。この二つだけでなく体術も。

エヴァンジェリンさんの修行も今まで以上に厳しくなり、お嬢様も魔法の修行を進めている。

これから先、どんなことが待ち受けているかわからない。

マギステル・マギを目指すお嬢様を傍で支える。私はミニステル・マギとして、お嬢様を御守りするためにも強くならねば。

月詠……剣技だけでなく陰陽道にも精通していた。

あいつに今度こそ勝つために。

お嬢様には指一本触れさせることがないように。

私は強くならねばならない。

白き翼の桜咲刹那として……。

「刹那、お嬢様が迎えに来たわよ」

「せっちゃーん、迎えに来たえー。エヴァちゃんの所に集合やー」

「はい!今行きます」

まっててな、このちゃん。

ウチ、強うなるから。





次回の毎土は1/31 『愛妻家 霜焼け ステンドグラス』 

2/7 『手荒れ 雪 鍋』 

2/14 『ふんどし 石 温泉』 です。 

14日はバレンタインですが、お題には含めておりません。

お題は全部使わなくてもいいので、一つでも使ってもらえれば幸いです。

バレンタインにふんどしを使用するのはかなり難しいよねと相方さんと爆笑しながら考えておりました←

ふんどし、ネクタイ、眼鏡の日にちなんで考えたので、バレンタイン無視でその日!って主張して2/14のこのせつ書くのもありかもですよ!
スポンサーサイト
秘密

トラックバックURL
→http://81315.blog112.fc2.com/tb.php/415-d1e0d3d0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。