-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010-04-21 18:39 | カテゴリ:このせつSS
今日はいい天気ですねぇ♪
でも家で引き籠ってますww

では、このせつWORLDへGO!





春の暖かい日差しを全身に浴びて気持ちいい

今日は天気のいい日曜日
お嬢様と明日菜さんと三人で近所の河原にピクニックに来ている
春の香りがする河原

土手にはタンポポやなずな、川には魚
春の訪れを教えてくれる


お嬢様の手づくりのお弁当を食べてのんびり川を眺めていると
「ねぇ!?土手滑りやろうよ!!」
「ええなぁ、久しぶりにやろか」
「ね?刹那さんも!」
「え・・・と、土手滑りってなんですか?」
『えっ!?』
二人がすごく驚いた顔をするから何かまずいことを言ってしまったのだろうか?
「すいま「刹那さんもしかして土手滑りして遊んだこと無いの?」」
明日菜さんに遮られてしまった
「そっか、せっちゃんとは小さいころそんな遊びしたこと無かったな」
「あ、はい。お嬢様と別れた後は修行ばかりしてましたし・・・すいません」
なんだか申し訳なくなって謝ってしまった
「何謝ってんのよ?だったら今回刹那さんは土手滑り初体験なんだ・・・」
そういって明日菜さんはにやりと笑った
なんだか嫌な予感がする
「あの?・・・」
「ねぇ木乃香」
「ん?なに?」
「あのね?」
二人で内緒話をしていたかと思うとこちらを振り向いて
「ほな三人でやろか!?いこ!」
「え?っちょっと!!お嬢様?明日菜さん?」
お嬢様に手を引っ張られて土手の上に向かう
隣にはどこから持ってきたのか大きな段ボールを手にした明日菜さんが・・・
これからあの段ボールを使ってなにをするのだろうか・・・

「それじゃぁ準備はOK?」
「オッケイやー!!」
「あ、あの!?本当に大丈夫なんですか?」
私の前に明日菜さん、後ろにお嬢様が
二人に挟まれる形で段ボールの上に座らされた
「刹那さんしっかりつかまってってね」
「え?も、もしかして!?」
「ほないくでぇ~」
ちりん

明日菜さんの髪飾りが涼しげに鳴ったっと思ったら後ろのお嬢様が勢いよく私の背中を押した
次の瞬間
「きゃ~!!」
ものすごい勢いで土手を滑り下りていた
突然の出来事で一瞬頭が真っ白になったと思ったら後ろに感じていたお嬢様の気配が・・・そして目の前の明日菜さんが消えた

「っ・・・!!!お嬢様!?明日菜さん!?」
気づいたら土手に放り出されていた
受身はなんとか取れたため体に痛みは無いがお嬢様や明日菜さんが居ない!焦って周りを見回すと少し離れたところにお嬢様と明日菜さんは倒れていた
「お嬢様!!」
急いで駆け寄ろうとしたら
「ぷっ・・・あ、あははははは!」
明日菜さんがいきなり仰向けになって大笑いし始めた
「え?」
よく見るとお嬢様の肩も揺れている・・・・まるで笑うのを必死に堪えているかのように
「あの、お嬢様?」
そっとお嬢様を覗き込むと我慢の限界が来たようで
「あははは。せっちゃん・・くく・・きゃーって、ほんまかわえぇなぁ」
目に涙を溜めながら笑うお嬢様
「ほんと、珍しいもの聞いちゃった。刹那さんの悲鳴」
向こうにいた明日菜さんも涙を拭きながらまだ笑っている
「なっ///あれはいきなり・・・・////」
自分が笑われていたとは・・・しかも悲鳴だなんて・・・とんだ失態だ

「ふふ、そんな落ち込まんと?楽しかったやろ?」
俯いていたらお嬢様に覗きこまれてしまった
「っ!!えっと//その・・・はい
「ならもう一回!」
最後は恥ずかしくて声が小さくなってしまったがさすがは明日菜さん、きちんと聞こえていたようだ


そのあとは何度も滑った
明日菜さんと二人でだったりお嬢様とだったり、いきなり背中を明日菜さんに押されて一人で滑ったり
何度も放り出されては三人で笑った

三人とも笑い疲れて今は土手に寝転んで日向ぼっこ中


たまにはこんな風にゆっくりするのも好いかも知れないな

そう思っていたらそっと左手の指先に何かが触れた気がした
そっと視線を送ってみるとお嬢様が気持ちよさそうに眠っていた
私の薬指を握って














あとがき
最近なんとなぁくですが土手滑りがやりたいなぁとwww

天気好いじゃないですか^^
ポカポカと気持ちよさそうだなぁとww
なので代わりに三人に遊んでもらいました♪
満足ww

せっちゃんに悲鳴あげてもらう予定では無かったんですがねぇww
かわいいせっちゃんが書けたので満足です!!
ちなみに、即興で打ち込んでいるので間違いがあるかもΣ
まぁ・・・大目に見てください

嘘です
ごめんなさい!!
あったら直すのでれんらくください


土手滑りって重くなると凄いスピード出ますよね(≧▼≦)だから最初は三人で滑って貰ったんです(*> U <*)
スポンサーサイト
秘密

トラックバックURL
→http://81315.blog112.fc2.com/tb.php/76-35210538
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。